読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TYS Times

休学中の大学生による情報発信メディアです。

二か月間シェアハウスに住んでわかったこと

4月1日から那覇市のシェアハウスに住んでいます。 テラスハウスに憧れたわけではなく、家賃を安く済ませたかったのと、なんとなく楽しそうだと思ったからです。

二か月間住んでみたのですが、自分には合わないと感じました。 この記事ではシェアハウスの実態を暴いていこうと思います。 これからシェアハウスに住もうと考えている方の参考になれば幸いです。

 

↓僕が実際に住んだシェアハウス

f:id:tsuyoshi0123:20170522104618j:plain

 

家賃は?

僕が住んだシェアハウスはオープンしたばっかりのとこでした。 もちろん中はめちゃめちゃ綺麗で広かったです。 そのため家賃は他より少し高めだったと思います。 二か月の費用の内訳がこちらです。

  • 賃料 47,000円
  • 管理共益費(電気、水道、ガス、Wifi) 10,000円
  • 火災保険料(1年) 4,220円
  • 事務手数料 15,000円
  • 退去時クリーニング預り金 15,000円 

二か月で14万円ちょっとでした。 

 

ルームメイトとはそんなに合わない

僕以外のルームメイトはほとんど仕事をしていて、日中は家に僕独りということが多かったです。 テラスハウスのようにみんなでどこかに行ったり、二人でデートしたりというのはほとんどありませんでした。 でもみんないい人で悪い気はしなかったです。

 

すぐに引き払えない

4月の後半、あまりに退屈な日々で、暑くて外に出られなくて、地元に帰りたいと思っていました。 そこで管理人さんに引き払いたいと言ったところ、一か月待つように言われたのです。 まじか・・・と思いました。 こんなことになるなら、最初からマンスリーマンションに住めばよかったと後悔しています。

 

自分のリズムをつくれない

シェアハウスというだけあってあらゆるものを共有しなければなりません。 つまり、自分の思い通りにいかないのです。 洗濯機を使いたいときに使えなかったり、料理したいときにできなかったり。 テレビをつけてほしくないときに、消してとも言えません。 僕は家でゴロゴロするのが嫌いです。 できるだけ効率的に生活したい僕には、シェアハウスは合いませんでした。

 

一人が好きな人にとってシェアハウスは苦痛

複数の人と行動したり話すのが好きじゃない僕にとって、シェアハウスは少し苦痛でした。 ルームメイトはいい人ばかりでしたが、もし嫌な奴が来たら地獄ですよ。 やっぱり僕には一人暮らしが向いているなと思いました。

 

瀬長島ウミカジテラスでのランチが最高だった

今日はルームメイトと瀬長島のウミカジテラスに行ってきました。

本当から無料バスで来られるのはありがたいですね~

無料シャトルバスの時刻表はこちら

 

 ↓パンフのウミカジテラスはこんな感じ

f:id:tsuyoshi0123:20170521191604j:plain

 

何だか南国に来た気分。 お店の写真が真っ白でめちゃくちゃキレイだったので期待してたのですが、、そこまで白くなかったです。 晴れてたらもっと綺麗だったかもしれないですね。

f:id:tsuyoshi0123:20170521164737j:plain

 

昼食に選んだのはルームメイト御用達の「親父のまぐろ」というお店。 

f:id:tsuyoshi0123:20170521164807j:plain

 

アヒポキライスと親父の中落ちマグロ丼を注文しました。

f:id:tsuyoshi0123:20170521164842j:plain

f:id:tsuyoshi0123:20170521164927j:plain

 

待つこと数分。 まずはマグロ丼の登場です。

こんなの見たことない!  自分でまぐろの身を削ぎ落としていくシステムです。

f:id:tsuyoshi0123:20170521165018j:plain

 

僕の頼んだアヒポキライスの登場です。

南国に来た気分~ 美しい・・・

f:id:tsuyoshi0123:20170521165044j:plain

 

ぐちゃぐちゃに混ぜていただきます!!

f:id:tsuyoshi0123:20170521165105j:plain

ごま油の風味が最高! わさび油を少しかけてもパンチが効いて美味しかったです! 

海を眺めながらのランチ最高でした。 ごちそうさまでした~

 

f:id:tsuyoshi0123:20170521165223j:plain

 

次に目にとまったのは、サーターアンダギーのお店。 人気のお店らしく、芸能人のサインがいくつかありました。 サーターアンダギーの上にアイスやクリームをトッピングできます。

f:id:tsuyoshi0123:20170521165137j:plain

 

アイスクリームを頼みたかったのですが、どっちもクリームで出てきてしまいました・・・ 残念・・・

f:id:tsuyoshi0123:20170521165159j:plain

左がブルーベリーソースとクリームチーズ、右が紅芋クリームです。 やっぱり揚げたては美味しいですね~ でもちょっと食べにくいかな~

 

糖質制限がリセットされてしまいましたが、また明日から再開させます。

ウミカジテラスには他にも、ハンバーガー屋さん、ラーメン屋さん、ジュエリーショップ、ハンモックカフェなど、30ほどもの店舗が並びます。 半日で全部回れると思います。 ただ散歩するだけでもめっちゃ楽しいですよ! 是非行ってみて下さい!

お金を他人のために使おう

f:id:tsuyoshi0123:20170520095003j:plain

みなさんは家族や友人や知り合いのために、お金を惜しまずに使うことができますか? 

大切な人の誕生日にプレゼントを渡すという経験は誰にでもあると思います。 渡した相手が喜んでいるのを見ると幸せになりますよね。 

心理学では、このようにお金を利他的に使うことで幸福度が高まるということがわかっています。 また、「返報性の法則」が働き、まわりまわって周囲の人が「あなたにとっての与えてくれる人」になります。

 

成功者は他人のためにお金を使う

ペンシルベニア大学の組織心理学者のアダム・グラントは、他人のためにお金を使える人、与える人を「ギバー」と定義し、社会的に最も成功すると指摘しています。

僕が知っている人で言うと、「ビリギャル」の著者・坪田信貴さんが「ギバー」に当たります。 彼が子どもの頃、母親とその友人とその子どもの4人で外食をしたときのことです。 彼の母親は会計の時、4人分のお金を出そうとしたのです。 相手のお母さんは申し訳ないという風に断りますが、母親はその反対を押し切って全員分の代金を支払ったのです。 

その時に坪田さんが母親に言われたのは、「お金は人のために使いなさい、そうすればいつか必ず自分に返ってくるから」ということでした。 

坪田さんは現在塾を開いており、生徒のなかには難関大の合格者も多数います。 スタッフのために自腹で白衣を買ってあげたり、教え子に高級な焼肉をご馳走して一流の味を教えてあげたりと、他人のためにお金を使うことを惜しまない姿勢が素晴らしいと思いました。 

 

アマンシオ・オルテガは、世界長者番付でビル・ゲイツを上回ったこともあるZARAの創設者。 彼が面接で新入社員に言った言葉がとても印象に残りました。

「人々を愛してほしい。 それ以外のことはあとからついてくるさ」

お金を使うなどの形で、人々に愛情をもって接すれば人生何とかなるということを、成功者の多くはわかっているのかもしれませんね。

 

ギバーになるのは簡単!

ギバーは、チーム中で常にWin-Winの状態を作ることを目指します。 その結果、みんながギバーに協力します。 また、ギバーの周りにはギバーが集まってきます。

ですから、「好きなこと」「得意なこと」で社会的な成功を手に入れたいのなら、ギバーの人の真似をして、自分がギバーになることです。

僕もこれから、いろんな形で人々に愛を振りまいていき、多くの人から感謝される人間になりたいと思います。

生きてる意味がわからないという人へ贈りたい偉人の名言

f:id:tsuyoshi0123:20170519110202j:plain

「あなたは何のために生きているのですか?」

こんなことを聞かれた時、皆さんは即答できますか? 一度でも深く考えたことがありますか?

「確かに、何のために学校行って、何のために仕事をするんだろう」 そう自分に問いますがいい答えは見つかりませんでした。 

あの偉人の名言に出会うまでは。

 

ある日、『しゃべくり』に俳優の三浦春馬さんが出演されていました。 あまりのスター感に、しゃべくりメンバーは彼を褒めちぎる。 

ここ数年、友人の勧めで自己啓発書やエッセイを読むようになったという三浦さん。 彼が紹介していた偉人の名言が僕にはすごく刺さりました。 その名言がこちら。

 

あなた方がこの地上に生まれてきた理由は、すべての人に価値を与えることです。 そのためには、自分が何を成し遂げようとする気持ちとビジョンをもって生活しなければなりません。 そのことを忘れて生活すると、自分自身を貧しくしてしまうからです。

                 ーウッドロウウィルソン元米大統領

 

つまり、人のためになることをしなくてはいけないということです。

 

僕が世の中のためにできること

この名言に出会ってから、自分がどう生きていくべきか考えるようになりました。 人はそれぞれ違うものをもっています。 それを活かしていけば、周りから感謝され、充実した人生をおくれるでしょう。

 

アトピーで苦しんだ体験から、同じような境遇の人を助けることができる

・健康に関する知識によって、健康で悩んでいる人を助けることができる

・読書から得た知識をわかりやすくまとめて、人に伝えることができる

これらが、僕が世の中のためにできることかなーと思います。

 

自分が何のために生きているかわからない、何のために仕事をしているのかわからないという方は、自分にしかできないことを探してみてはどうでしょうか。 あなたを必要としている人がどこかにきっといるはずです。

 

MEC食会で『ダイエット総選挙』観てきました! 肉食VSもち麦VSMCTオイル、どれが一番痩せるのか?

5月17日、カリータイムというお店で開催されたMEC食会に参加してきました。 MEC食を生み出した渡辺信幸先生や、一般社団法人日本肉食裸足推進協会代表理事の砂川伸彦さんや、普段からMEC食を実践している参加者とMEC食を楽しむというイベントです。

f:id:tsuyoshi0123:20170518135218j:plain

             ↑もちろん糖質ほぼゼロです

 

参加者のほとんどは、何カ月もMEC食を実践し、短期間で何十㎏も痩せることに成功した社会人の方々でした。 その皆さんが体感したMEC食の効果をまとめました。

MEC食をして起きた体の変化

・何より痩せた

・筋肉がついた

・肌がキレイになった

・肌のシミが消えていった

・飲み会のあとのシメのラーメンを肉に変えたところ、朝の胃もたれがなくなった

・甘いお菓子、炭水化物を食べると、体の数か所に痒みを生じるようになった

・甘いものを見ても食べたくなくなった

・40年来のアトピーが治った

 

アトピーの体験談を聞けたのは超ラッキーでした。 おかげで地元に帰ってもMEC続けられそうです!

 

f:id:tsuyoshi0123:20170518135136j:plain

肉食VSもち麦VSMCTオイル

そのイベント中に『ダイエット総選挙』という番組が放送されました。 肥満体系の女性タレント9名を3グループに分け、肉食ダイエット、もち麦ダイエット、MCTオイルダイエットを2カ月にわたって実践してもらい、誰が一番痩せるか競うという内容で、前半は団体戦で三位のチームが脱落、後半戦は個人戦です。 その番組には当然渡辺先生も出演されていました。 

まず、

それぞれがどういったダイエットなのか、覚えている範囲で簡単にご紹介します。

1.肉食 

・一日に肉を200g、卵を三個、チーズを120g食べる(これ以上食べてもOK)

・小さく切って、一口30回噛む

2.もち麦

・主食を白米ではなくもち麦に置き換える

3.MCTオイル

MCTオイルを一食につき20gほど摂取し、一日のカロリーを1,200kcalに抑える

 

肉食は満足するまで食べられるので、女性たちに辛さは見られませんでした。 一方、MCTオイルでは満足できずに食事を終えるので本当に辛そうでした。

 

気になる前半戦の結果は・・・

1位ーMCTオイル 

2位ー肉食

3位ーもち麦

1位と2位の差は0.数%。 この結果にみなさんはガッカリした様子でした。

 

後半戦の結果も似たような感じになりました。

1位ーMCTオイル

2位ー肉食

3位ー肉食

4位ーMCTオイル

    :

    :

1位と2位の差はわずか0.02%。 惜しい!!

 

結局肉食が最強

ダイエットて、痩せるために食事制限することだと思っている人は多いと思います。 しかし、僕のダイエットの捉え方は違います。 そもそもダイエットとは英語で「食事」という意味です。 それをふまえて、僕はダイエットを次のように定義しています。

ダイエットとは、健康な人間本来の体型になるために、正しく楽しい食事をすること。

MCTオイルダイエットを実践した女性が、あまりの辛さに涙を流すというシーンがありました。 そりゃあ泣きたくなるわ。 絶対楽しくないもん。 

今回の企画で、MCTオイルダイエットが一番痩せると証明されたわけですが、そもそも僕にとってこれはダイエットとは呼べないものです。 

 

一方で、肉食ダイエットに我慢は必要ありません。 続けていくうちに炭水化物が欲しくなくなります。 糖質制限ダイエットはリバウンドしやすいなんてテレビで言われますが、それは間違ったやり方をしているから(脂肪の摂取が少ないなど)。 それに、先述の通りメリットが多く、一生続けることだって難しくありません。 体脂肪落としたいという方には是非チャレンジしてほしいです。

 

日本中に肉食を広めたい

 僕が沖縄に来たころからお世話になっている砂川さんは、「給食にステーキを。」とモットーに日々奮闘してらっしゃる方です。 肉食によって経済面、医療面において日本を変えようとしています。 肉食を一人でも多くの方が実践し、日本が活発化することを願っています。

f:id:tsuyoshi0123:20170518135807j:plain

 

砂川さんのブログはこちら

 

お店の情報はこちら

 

空腹時の運動は逆に太る!?

f:id:tsuyoshi0123:20170517094701j:plain

最近、テレビを観てたら【林先生が驚く 初耳学】という番組が放送されていました。 内容は、今話題の「糖質制限ダイエット」。 糖質制限中の僕にとってとても興味深いテーマだったので、ついつい観てしまいました。 すると、自分が間違った糖質制限ダイエットをしていたことがわかったので、今回はそれをみなさんと共有したいと思います。

 

糖質制限してもなかなかお腹が引き締まらなかった

僕がガチの糖質制限生活を始めたのは今年の3月29日。 どういう食事をしたかというと、肉(Meet)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)を主食とするMEC食です。 この食事法をすると、「ケトジェニックダイエット」という、高脂肪ダイエットにもなり、低脂肪ダイエットよりも短期間で痩せることができます。 肉だけを食べるという生活を試したYouTuberが痩せることができたのは、その効果によるものです。

僕は一か月以上MEC食を続けていますが、お腹の脂肪がなかなか落ちてくれないのです。 しかし、初耳学を見てその原因がわかりました。

 

原因は空腹時の筋トレにあった!

僕は、8時ころに朝食として卵やバター、13時ころに昼食として卵やチーズを食べるという食事スタイルをとっていました。 また、週2で昼食前に筋トレするというのが習慣でした。 でも、これが良くなかった・・・

空腹時に運動すると、体の中で糖新生が起こります。 糖新生が起こると、肝臓からブドウ糖を血中に放出されます。 すると血糖値が上がり、その上がった血糖値を下げるためにインスリンという、通称太るホルモンが分泌されてしまうのです。 

 

肝臓からブドウ糖が放出される

       ↓

     血糖値上昇

       ↓

    インスリン分泌

       ↓

     体脂肪増える

 

実際、番組で行われた実験でも、空腹時に運動した被験者は、糖質制限をしていたのにもかかわらず体重が増えていました。 一方、カロリーをある程度摂取してから運動した被験者は、体重が見事に落ちていたのです。 

僕が沖縄に来た当初の体重は64kg。 しかし、一週間前に測ったら66kgに増えていました。 こんな短期間に筋肉が2kgも増えるのは科学的にあり得ません。 この2kgには筋肉だけでなく体脂肪も含まれていたことになります。

 

運動前のおやつで本当に痩せる!

番組に出ていた医師によると、運動前に200kcalほどのカロリーを摂取すると、糖新生を防げるということです。 実際、ボディービルダーやフィジーカーの方は、筋トレの数時間前にバナナなどで糖質をある程度摂取していました。 僕は糖質制限しているので、バターや卵で代用しようと思います。

 

ちゃんと正しい食事と運動して、夏までにキレッキレの体を手に入れましょう!

大学生はバイトなんかしなくていい

f:id:tsuyoshi0123:20170516094536j:plain

僕がバイトを始めたのは、大学一年の6月でした。 大学生はバイトするのが当たり前だと思っていたので、とりあえずやっとくかーっていう感じでした。

バイト先に選んだのは、近所に会ったコンビニ。 個人営業のところで、ゆるい雰囲気でした。 お客さんはそんなに多くなかったので、仲間と話すこと時間が長かったです。 

しかし、ある時から、時間給というシステムに疑問を感じるようになったのです。 なぜどれだけ働いても給料が変わらないのか。 なぜ必死に働いてのも、適当に働いても給料は同じなのか。 これはおかしいと思った僕は、稼ぐためだけのバイトは二度とやらないと決めました。

 

収入が増えるほど支出も増える

貯金を増やすためにバイトしてる大学生は多いと思います。 実際僕の周りにも、製図の課題で死ぬほど忙しいのにもかかわらず、バイトの時間を気にしてる人がちらほらいました。 

そこで彼らに聞きたいことがあります。 

どれくらい貯金できましたか? 本当に増えていますか? 

貯金が数千円しかなく、「金やば~い」と嘆いてる人をよく見かけたものです。 何に使っているんだと思うのですが、おそらくサークルの飲み会やイベントやボウリングなどでしょう。 僕にとって、これらは将来何の役にも立たないただの「消費」でしかありません。 

もちろん、家庭の事情で自分で必死に働いて稼いでいる人もいるでしょう。 そういう目的を持ってる人たちを否定はしません。 僕が言いたいのは、「消費」のために必死に稼ぐことほど愚かな行為はないということです。 

 

どうしてもお金が必要なときは?

そうは言っても、どうしてもお金がないとヤバいということもあると思います。 

そんな時は家族に頼ってしまいましょう。 特に祖父母は孫のためならいくらでもお金を出してくれるという話はよく聞きますよね。 何の目的でお金が必要なのかを伝えさえすれば、家族とそれほど険悪な仲じゃない限り、お金を出してくれるはずです。 

もっと言うと、親から数十万くらい借金するのもありだと思ってます。 説得に骨が折れそうですが、熱意が伝われば大丈夫です。

 

お金は奪われるが、「知識や経験」は誰にも奪われない

大学生の仕事は「勉強」です。 稼ぐことではありません。

考えてみて下さい。 僕たちが社会人になって実際に稼ぐことになった時、学生時代に何カ月もかけて稼いだ額を、どれだけの期間で稼ぐことができるでしょうか。

大学には図書館があり、何万冊という本がタダで読むことができます。 本を自分で買うにしても、一冊たったの千数百円。 

学生時代にしか得られない知識、経験はたくさんあります。 「知識や経験」は一生の宝です。 死ぬまで誰にも奪われることはありません。 

 

学生時代の貴重な時間にお金をどう使うか、学生にとってこれほど大事な議題はないと思います。 自分のお金の使い方を一度見直してみてほしいと思います。