烈志ブログ「人生を冒険する」

まだ見ぬ地へ、まだ知らぬ叡智を


スポンサードリンク

ヒッチハイク&野宿in沖縄 少ないお金でどこまでいける?

f:id:tsuyoshi0123:20170801091204j:plain

お久しぶりです、ツヨシ(@Tsuyopon_0123)です。

寮のネット環境が悪く、PCをしばらく放置していました。

一カ月ぶりの更新になりますね。

 

さて、一昨日のことなのですが、バイト先で事件が起こりました。

僕は直接それに関与しているわけではありませんが、あまりに衝撃的でしばらく放心状態でした。

「とにかくどこかに行きたい」

早く嫌なことを忘れて気分転換したかったので、翌日にヒッチハイクで知り合いがたくさんいる那覇市に行くことにしました。

 

ヒッチハイク ~石川I.C.ー那覇市編~

7月31日15:30、この日の仕事が終わり、急ぎ足で帰宅。

今回はインターチェンジで始めようと思ったのですが、一番近い石川I.C.まで徒歩で40分かかりました。

重い荷物背負っていたからめっちゃ暑かった…

インターチェンジの数百m手前で、「沖縄」と書いたスケッチブックをかかげました。

(沖縄と書きましたが、これは「沖縄市」のことです)

 

10分後、ふとインターチェンジの方を向くと、一台の車から手招きしてる人を捉えました

「これ絶対俺にきてるやん!」

そう思いながら駆け足で、その車のもとへ向かいました。

乗せてくれたのは20代後半と思しきお姉さん。

本島南部の糸満市に向かってたみたいで、那覇市国際通りまで乗せていただくことになりました!

「イッキにいけるぜ、ラッキー!!」

 

沖縄出身のお姉さんは、とても元気な方でした。

そして、なんと恩納村にある僕のバイト先の近くに住んでいるとのこと。

「なんて偶然だ」

ヒッチハイクはこういうことがあるから面白いんですよ。

 

40分ほどで到着です。

お姉さんに自分のブログやFacebookの情報を書いたメモを渡してお別れしました。

ありがとうございました!

 

さて今日の宿はどうしよう

なんとか行きたかった場所に来られたのですが、特にすることもありませんでした。

知り合いの家に泊めてもらえれば最高だったのですが、いきなり泊めて下さいと頼むのも迷惑ですよね。

「今夜は野宿かな」と思いながら国際通りをさまよい歩きました。

 

23時になり、そろそろ寝る場所を確保したいなということで、前から知ってた公園で野宿することに。

 

それにしても暑い...

このクソ暑い中絶対寝れないと思い、近くのコンビニで氷とアイスを買いました。

 

それと、コンビニの店員さんにハサミを借り、Tシャツの袖を切りました。

 

さて、この氷をどうするか。

たまたまですが、ビニール袋がバックパックの中に入ってたので、その中に氷をぶち込みます。

これでしばらくは暑さしのげるかな。

太い血管が通ってるとこを冷やすといいんですよね。

 

でも、これを直接肌に当てるのは冷たすぎます。

そこで、さっきのTシャツの切れ端を当て布代わりにしました。

薄すぎてすぐびちゃびちゃになってしまいましたけど(笑)

 

準備が整いベンチに横になるのですが、まあなかなか寝れませんわな。

木々の揺れる音や人の足音が絶えないわけですよ。

でも風が吹いてきてちょうどいい感じに涼しくなってきました。

氷要らなかかったかもしれないですね。

 

結局なんとかなった

5:30 ケータイのアラームで目覚めました。

なんとか眠れたようです。

バックパックも無事でした。

野宿できるほど安全な国は少ないのではないでしょうか。

やはり日本は素晴らしい国でした。

 

結果、0円で生きたい所へ行き、0円で日をまたぐことができました。

初の試みでしたが、挑戦してよかったです。

「足るを知る」ということを体験できました。

 

快適な日常から抜け出してみませんか?

【本当にやりたいことやってますか?】自分の人生を生きることの大切さ

どうも、イトウツヨシ(@Tsuyopon_0123)です。

 

僕は映画が好きで、暇なときはTSUTAYAでDVDを借りてきて家で観るのですが、最近僕の中で「これが1番!」っていう映画が見つかったので、ご紹介します。

 

それは、「きっと、うまくいく」(2009年)というインド映画です。

f:id:tsuyoshi0123:20170629165004j:plain

「なんで、学校に行ってるのか自分でもわからない」

「学校がつまらない、やめたい」

そう思ってる学生に観てほしい一本です。

簡単なあらすじと感想を書いていきます。

 

 

まずは、本作のメインキャラを紹介しましょう。

主な登場人物

ランチョー

学年トップの成績を誇る変人です。

学校の教育のやり方に疑問を抱き、学長や教師に猛反発することもしばしば。 

しかし、とても友達想いで、バカな親友2人のために危ない橋も渡る少年です。

 

ファラン

ランチョーとは違い、成績はいつも最下位の少年。

親に言われて工科大に入ったものの、工学にさほど興味はありません。

そんなファランは動物の写真を撮るのが上手で、ランチョーも彼の才能を認めていました。

 

ラージュー

貧しい家庭に生まれ、ファランと同じく成績が悪い少年です。

病気の父のために何としても就職しなければいけない状況でした。

しかし、工学に対する熱心だけは人一倍です。

 

 

自分の人生を生きようとした二人

ある日、ラージューは学長に退学を言い渡されます。

学長の家に放尿した挙句に飲酒までしたのだから当然でしょう。

しかし、ラージューはどうしても卒業しなければなりません。

もう一度チャンスが欲しいと訴えますが、頑固な学長はその訴えを拒否します。

絶望したラージューは、なんと窓から飛び降りてしまったのです。

 

幸い死なずに済んだのですが、頸部に大ケガを負いました。

それでも、ランチョーたちのおかげで何とか回復することができたのです。

そして、車イスで就活をし、工学に対する熱意を訴えて、見事に就職することに成功しました。

 

 

一方のファランは、ランチョーに背中を押され、父に自分は写真家になりたいという気持ちをぶつけます。

 しかし、厳格なファランの父は猛反対します。

何のために名門の大学に入ったのかと。

それでも、ファランは自分の意志を曲げませんでした。

 

すると、その様子を見かねたファランの母が父を説得しようとしてくれたのです。

そして、父は怒りを鎮め、

「いいカメラだといくらくらいするんだ?」

と言ってくれました。

その言葉を聞き、あまりの嬉しさに父の背中に抱きつくファラン

感動的なシーンでした・・・

 

 

姿を消したランチョー

それでは、本作のキーマンであるランチョ―はどうなったのか、みなさん気になりますよね?

なんと、彼は卒業試験で一位をとり、卒業式を終えた後、ラージューとファランに何も言わずに姿を消してしまうのです。

ランチョーはどこに行ってしまったのでしょうか・・・

 

このストーリーのクライマックスでは、衝撃の事実が明らかになります。

実はランチョーは・・・

続きはご自分の目で確かめて下さい!(笑)

 

 

 

医者である親のあとを継ごうとしたA君

僕の高校時代の友人(A君)の話をさせて下さい。

A君の親は医者で、A君は医学部を受験すると言っていました。

親に医学部に行くように言われたのかどうかは知りません。

しかし、A君の成績はお世辞にもいいとは言えませんでした。

 

医学部志望の学生は、最低2浪するという事実があります。

A君は一度目の受験に失敗し、当然のように予備校に通いだしました。

 

その二年後、A君は何をしているか。

無名私立大学の薬学部に通っているそうです。

三度目の医学部への挑戦に失敗したのか、最後の一年のどこかで医学部への道を諦めたのかはわかりません。

結局、A君は浪人した二年間を無駄にしてしまったのです。

 

 

映画「きっと、うまくいく」から感じたメッセージ

この映画から伝わってきたメッセージは、ずばり

自分の人生を生きろ

ってことです。

 

もし、あなたが学生で、本当は死ぬほど学びたいことがあるのに、親に言われて興味のないことを勉強しているのであれば、ファランのように自分の気持ちを親にぶつけちゃってください。

我慢することはありません。

あなたが熱意をもって訴えかければ、いつか必ず想いは伝わるはずです。

 

また、自分の好きなことがわからないという人は、今やっていること、勉強していることを何としても続けてみて下さい。

ユダヤ人大富豪は次のような言葉を残しています。

「今やっていることが何であれ、それを愛することが重要だ」

 

長くなりましたが、僕が言いたいことはただ一つ。

自分の人生を生きよう!

ということです。

 

きっと、うまくいく!!

 

 

「この記事よかった!」

「みんなにも読んでほしい!」

と思われた方は、是非シェアしてください!

好きなことを発信し続けて人生が変わった一人の女性(実話)

最近、「好きなことで行きていく」というフレーズをよく見かけます。

堀江貴文さんも、著書「好きなことだけで行きていく」で、これからは会社にしばられることなく、個人が好きなことで稼ぐ時代だと述べています。

でも、好きなことが仕事になるいうことをイメージできない人もいるかもしれません。

 

そんな人に是非観てほしい映画があります。

それが「ジュリー&ジュリア」(2009年)という、実話を基につくられた洋画です。

f:id:tsuyoshi0123:20170625181514j:plain

今回は、そのあらすじも含めて、「好きなことでお金を稼ぐ」とはどういうことかを紐解いていきます。

「自分も好きなことでお金を稼ぎたい!」という人の参考になるはずです。

 

 

登場人物

本作には主演としてジュリーとジュリアという、2人の女性が出てきます。

ジュリアはパリに住む専業主婦で、夫の仕事のおかげでなかなか裕福な暮らしをしていました。

ジュリーはアメリカに住むキャリアウーマン。 夫と2人で暮らしていますが、その生活ぶりは質素なもの。

実はこの映画、主演は2人なのですが、ジュリーとジュリアが会う場面はありません。

つまり、二つの時間軸でストーリーが展開されていくわけです。

従って、時系列に沿ってあらすじを説明できないので、大切なジュリーのシーンについてだけご紹介します。

 

 

自分を変えるために始めたブログ

自分を変えるた学生時代の友人3人から食事に誘われたジュリー。

その最中に仕事先から連絡がかかってきたりと、自分以外の3人は上手くいっている様子。

ジュリーは仕事ができない自分に劣等感を感じるのでした。

 

ある日、本屋に立ち寄ると一冊のレシピ本に目がつきました。

700ページもあるかなり分厚い本で、著者はジュリア・チャイルド。

アメリカ人のために書かれたフランス料理のレシピ本です。

料理が好きなジュリアは、自分もフランス料理を作ってみたいと思い、その本を買いました。

 

そして、ジュリーはダメな自分を変えるため、あることにチャレンジします。

それは、ジュリアの700もあるレシピをすべて制覇し、その様子をブログに記録していくというもの。

ブログにすることで自分を追いこみ、逃げられなくしたわけですね。

 

毎日料理をこなしていく彼女ですが、失敗もたくさんありました。

不器用なために、ケーキを床にぶちまけちゃったり、せっかく長時間煮込んだ煮物を、居眠りのせいで焦がしちゃったり。

それらの失敗でイライラし、夫に八つ当たりするなんてこともありました。

それでも、ジュリーはこのチャレンジを止めませんでした。

 

 

メディアの目にとまる

日がたつにつれ、ジュリーのブログには多くのコメントが寄せられるようになります。

やはり、読者のみなさんに応援してもらうのって大事ですよね~

 

ある日、ジュリーのもとに一本の電話が入ります。

相手はなんと新聞社からで、ジュリーの挑戦を取材させてほしいということでした。

しかも、ジュリーの料理を食べさせてほしいということで、彼女のもとを訪れたいとのこと。

これを聞いて、ジュリーは大喜びです。

これ以降も、ジュリーのもとには様々なメディアから取材の依頼が殺到するのでした。

 

 

好きなことで生きていくためのステップ

僕がこの映画から学んだのは、好きなことで生きていくためには、まずそれを発信し続けることが重要だということです。

インターネットのおかげで、一個人が誰とでもつながることができる時代です。

SNSやブログなどで発信し続ければ、誰かが必ず見てくれます。

そして、日がたつにつれてファンが増えていき、メディアの目に止まるなんてことも起こるかもしれません。

 

みなさんにも、好きなことはあると思います。

それを、発信してみてはどうでしょうか。

例えば

・ファッションが好きな人は、コーディネートをSNSやWEARにアップしてみる

・映画やマンガが好きな人は、感想をブログに書いてみる

・好きなブランドのものを、コンプリートしてみる

 

こんな感じでしょうか。

 

「好きなことでお金を稼ぎたい!」という人は、何か始めてみましょう。

時間はかかるかもしれませんが、発信し続けてればきっといいことがあります。

僕も、好きなことで生きていくために、ブログを続けていきたいと思います。

有名になるぞ~

 

この記事がいいなと思ったかたは、是非シェアしてくださいね!

思いがけない出会い

f:id:tsuyoshi0123:20170624180249j:plain

 

こんにちは、イトウツヨシ(@Tsuyopon_0123)です。

みなさん、ホステルに泊まったことはありますか?

こんな感じの宿泊所です。

f:id:tsuyoshi0123:20170624180507j:plain

沖縄二日目は、那覇市牧志にあるホステルに泊まったのですが、そこで起こった素敵な出会いをシェアしたいと思います。

 

 

初対面の人と外食へ

チェックインをすませ、部屋に案内されました。

大きな荷物が置けるスペースもあり、なかなかキレイでいい部屋でした。

僕の寝床は二段ベッドの下の方。

上の方の顔は見えませんでしたが、すでにくつろいでいる様子でした。

 

オーナーが部屋を出ていくと、上の方が降りてきて話しかけてくれました。

見た感じ20代半ばの男性(以下Sさん)です。

簡単な自己紹介をすませると、Sさんが夜飯を一緒に食べないかと誘ってくれました。

もちろんOKしました。

 

 

こういう人と出会いたかった!

Sさんはアルミメーカーで働く会社員27歳。

会社4年目ですが、自分に合わないという理由で、辞職を決意したそうです。

そして、休暇をとれたので旅行でこっちに来たということでした。

 

たくさんの経験をされている方で、どの話も刺激的でした。

特に印象的だったのが、東南アジアの風俗事情。

ここでは言えないのですが、風俗にもいろいろあるんだなと思いました。

世界は未知であふれてますね。

風俗はまだ行ったことないですが、俄然行きたくなりました。

 

他にも、居酒屋で店員さんをナンパした話とか、僕の大好物の話題ばかり。

まさに僕の理想像の人でした。

 

その日の夜飯はSさんに奢っていただきました。

まじ感謝です。

 

 

感謝が伝播すれば世界はよくなる

帰り際、Sさんは何故僕に奢ってくれたかを話してくれました。

それは、自分も同じことをされたから。

Sさんも大学生のころに、初対面の人に奢ってもらったことがあるというのです。

だから、今度は僕にも同じことをやってほしいと。

なんだ、この映画みたいな展開は!と感動しました。

 

Sさんの意思を受け継ぎ、今度は僕が若者に手を差し伸べてあげる番です。

こんな素晴らしいことがたくさん起きればいいなぁ〜と思います。

損得勘定で考えず、何かしらのかたちで人々に感謝の気持ちを伝えていけば、いつか必ず自分のところへ帰ってきます。

 

翌日、Sさんは地元に帰る日だったので僕より先に出ていかれました。

「じゃあな、少年」と言って部屋を後にしました。

出会えてよかったです。

この恩は忘れません。

ありがとうございました!

 

【稼ぎながら一生の思い出を作りたい‼】リゾートバイトのすすめ

f:id:tsuyoshi0123:20170622090040j:plain

お久しぶりです、イトウツヨシです。

沖縄に行く準備のため、最近忙しくてブログ放置してました。

昨日那覇市に着いて落ち着いてきたので、ボチボチ再開していきます。

今日は、僕が再び沖縄に行くことにした理由とか背景を語っていきます。

 

実家に帰ってからアトピーが悪化

沖縄で肌の調子がかなり良くなったので、実家に帰ることにしたわけですが、実家に帰ってから痒みが出てきました。

それに、日が経つにつれて肌の状態が悪くなっていったんです。

皮膚科の先生によると、ジメジメした気候がダメらしいです。

 

このまま山形にいたらますますひどくなると思い、間髪入れずに沖縄行きを決心しました。

また、沖縄に生活の拠点にしたいということも家族に伝えました。 僕は地元である山形が大好きで、一生過ごす場所だと思っていたので、少し寂しいですね。

 

新しい地で何をするか

じゃあ沖縄で何すんの?という話になりますよね。

実は沖縄でやってみたいことがあるんです。

それは住み込みでのリゾートバイト。

リゾートホテルや民宿での接客や、マリンスタッフなど職種はさまざまです。

ほとんどの場合三食とも勤務先が出してくれて、生活費もそんなにかかりません。

しかも、休日はきれいな海でマリンスポーツも無料できちゃいます。

 

ここで、どんな案件があるか例を挙げてみます。

【職種】

 受付

 

【給与】

 時給800円~

 

【勤務時間】

 6時30分~22時00分、1日8時間 週5日から応相談

 

ー詳細情報ー

【仕事内容】

 ペンションの事務スタッフ

 フロント受付 電話対応 メールの対応 予約の処理 簡単なデータの入力作業

 

【注目point】

 食事、まかまい付き、スキルが身に付く、語学力が活かせる、人と接する

 

【応募資格】

 学歴不問、未経験者OK、3か月以上働ける方

 

【待遇】

 食事アリ、従業員割引あり、寮あり

 

《嬉しい個室の寮完備》

・かかる費用は水道光熱費だけ!(月額10,000円)

 

休日にはダイビングやマリンスポーツが無料で楽しめます。

ダイビングに興味のある方はライセンス取得の援助あり。

 

とまあこんな感じです。

水道光熱費10,000円はぼったくりだと思いますが、ただで住めるのはありがたいですね~

 

勤務先を選ぶときに注意したいこと

これからリゾバしようと考えている方に向けて、勤務先の選ぶときに注意すべき点をあげておきます。

まず、リゾートバイトに応募するには2パターンあります。

一つは、派遣会社(サイト)に登録して、派遣社員として応募する場合。

二つ目は、勤務先に直接応募する場合です。

前者についてですが、有名な会社でいうと、株式会社アプリリゾートバイト.comなどでしょうか。

それらのサイトにとぶと、たくさんの案件があり、好条件もけっこう揃っていて良さげな感じがします。

しかし、ここで注意が必要です。

派遣社員になるときには、保険に入る必要があります。

そんなめんどくさいことしたくありません。

しかも、毎月の給料から数万円ひかれることになります。

それは簡便なので、僕は直接企業に応募しました。

今履歴書を送って連絡を待っているところです。

 

一か月で13万円くらいためられると思います。

最低三か月はやることになると思いますが、職場が気に入れば半年でも働くつもりです。

どんな出会いがあるか楽しみだな~