イトウツヨシのブログ「人生を冒険する」

まだ見ぬ地へ、まだ知らぬ叡智を


スポンサードリンク

【夏が近づき焦ってるあなたへ】筋トレ初心者がやるべきトレーニングとは?

f:id:tsuyoshi0123:20170608151202j:plain

どうも、イトウツヨシ(@Tsuyopon_0123)です!

6月になって一気に暑くなりましたね~

もうそろそろ海の季節がやってきます。

みなさん、海に入る準備はもう始めてますか?

 

何の準備かって?

それはもちろん、パーフェクトボディを他の人に見せつける準備ですよ。

人の体ってなかなか変わらないですからね~

もしあなたが、

「逆三角形の体をつくって女子にモテたい」

「スレンダーボディで男子の視線をくぎづけにしたい」

と思っているのであれば、そろそろ何か始めないとまずいのではないでしょうか?

 

そんな男女のみなさんにオススメなのが筋トレです!

この記事では、筋トレ一年目の初心者がやるべきトレーニングをご紹介します。

初心者はまずBIG3から始めよう!

筋トレBIG3は聞いたことがあると思います。

スクワット、デッドリフト、ベンチプレスの三種目のことですね。

また、これらはコンパウンドムーブメント(複合運動)と呼ばれています。

様々な関節や筋肉が動員されて行われる最も効率的なトレーニングです。

例えば、ベンチプレスなら大胸筋、三角筋前部、上腕三頭筋に効きます。

 

では、メニューの組み方の例をご紹介します。

  1. BIG3をメインとして6~15レップス×5セット行う(アップはノーカウント)。
  2. マシーンで他に2~4種目を3セットずつこなす。

(例)脚トレの日

 スクワット(5セット)

→その他脚種目(レッグプレス、レッグエクステンション、レッグカール等、計12セット程度)

(例)胸トレの日

 ベンチプレス(5セット)

→その他胸種目(インクラインダンベルプレス、ダンベルフライ、ディップス等)

(例)背中トレの日

 デッドリフト(5セット)

→その他背中種目(懸垂、ラットプルダウン、バーベルロウ等)

これで大体30分くらいです。

 

なお、BIG3のやり方に関しては、ショウさんの動画がとても参考になります。

www.youtube.com

 

昨年の11月から最近までは、北島メソッドでやっていたのですが、10分程度で終わってしまいますし、そんなに追い込めないので、僕には合わなかったです。

時間がない人にはオススメですが。

ジムには行くべきか?

ここまで説明してきましたが、こんな声が聞こえてきそうです。

「ジムに行く金なんてないわ」

「自重トレでだめなの?」

まず、僕は断然ジムをオススメします。

ちゃんと会費を払うことで、筋トレをサボることが少なくなるかもしれないからです。

 

また、学生などでお金があまりない人たちもいるでしょう。

そういう人たちは、ダンベルで家で鍛えるか、市営のスポーツセンターのような所に行くという手があります。

僕が大学生のころは、近くの新潟市西総合スポーツセンターに通っていました。

一回当たり250円で使用可能です。

大体の器具はそろってましたし、体脂肪率を測定できる機械もあって、環境的には最高でした。

 

自重トレの話ですが、僕はオススメできません。

簡単にサボれちゃいますし、バリエーションも少ないので飽きてしまうんです。

また、やはりウエイトトレに比べると強度が落ちるので、効果が表れるのに時間がかかってしまいます。

そしたらモチベーションも下がってしまうかもしれません。

ですから、ジムに行くか、ダンベルを買って鍛えるのがいいと思います。

ダンベルならどの部位でも鍛えることができるので。

 

みんな、筋トレしようぜ!!

筋トレは一回ハマるとやめられなくなります。

それに、筋トレにはメリットが山ほどあります。

それに関してとても面白い本があるので是非読んでほしいです。(下にリンク貼っておきます)

日本に筋トレ人口が増えればいいなと思います。

広告を非表示にする